実務経験について

まず、電験3種の資格を取得するためには大きく分けてふたつの方法があります。
国家試験を受けて4科目に合格するという行程は誰もが目指すところですが、もうひとつの方法は認定試験を受けて資格を取得するというやり方です。


さて、認定で取得する方法ですが、
まずは認定校で理論・電力・機械・法規に相当する科目の単位を取っておかねばなりません。

実務経験も必要で、高校卒業の場合は3年以上、短大・高専卒業の場合は2年以上、大学卒業の場合は1年以上が必要となります。

実務経験はどんなものかというと、
送電設備、変電設備、配電設備、給電・遠隔制御等の設備(電力保安通信設備を除く)、
500V以上の電気工作物である発電設備(ダム、水路設備を除く)、需要設備に関する業務、およびこれらの業務を監督指導する業務です。

規定の実務経験が終了すれば「実務経歴証明書」という書類を作り、経済産業省の各地域産業保安監督部に提出します。
ただ提出すればよいというわけではなく、予約を取った上で、担当者にチェックしてもらいます。
あなたが作成した申請書案はきっといくつかの不備を指摘されるでしょう。
スッと通ることは少ないのです。

でも、いわれるように訂正していけば最終的には通りますから、そこは地道に直していきましょう。
長ければ1年以上かかることもあるようです。


申請書受理のためには面接もあります。

審査を通り、実務をした会社から印鑑を押してもらった「実務経歴証明書」をそのほかの必要書類とともに提出すれば晴れて電験3種資格を取得したことになります。

申請作業はめんどうなものですが、電験3種資格取得に向けがんばってください!



電験3種突破のコツを知りたい方はこちら。
▼ライバルは使ってる!電験3種は無駄なくスピーディーに!▼
》 》 短期間で電験3種に合格する方法(1冊の問題集で4ヶ月間で合格)

電験3種関連記事

  1. 電験は値打ちの高い資格
  2. 電験3種を3年かけて取る
  3. 電験3種の試験科目と試験のコツ
  4. 独学で電験3種を取る!
  5. 電験3種を持っていると就職に有利?
  6. 電験3種を持っていると定年後に有利
  7. 電験3種をとりたい