電験3種を持っていると定年後に有利

電験3種を持っていると、定年後に有利といえますから、若いうちにしっかり勉強して資格取得しておきましょう!

電気設備保安管理のスペシャリストである電験3種はだれでもできる仕事ではないのが強みです。

電気設備は人間が生活しているかぎり日本中どこにでも大量に設置されており、メンテナンスは常に必要です。
電気の知識や技術を持った人材はたとえ定年を過ぎた人でも必要とされているのです。

さらに、電験3種を取得してから、5年の実務経験をこなしていれば経済産業省の認定をうけて独立開業することができます。
電気管理技術者事務所です。
高圧電気設備(一定規模以下)では、電気主任技術者の仕事を委託することもできます。


独立すればさらに定年は関係なくなります。


地域で確実な仕事を積み重ね、信用を重ねていけば、いつまでも仕事をすることができます。
老後の収入の不安もなくなりますね。



電験3種突破のコツを知りたい方はこちら。
▼ライバルは使ってる!電験3種は無駄なくスピーディーに!▼
》 》 短期間で電験3種に合格する方法(1冊の問題集で4ヶ月間で合格)
タグ : ,

電験3種関連記事

  1. 電験は値打ちの高い資格
  2. 電験3種を3年かけて取る
  3. 電験3種の試験科目と試験のコツ
  4. 独学で電験3種を取る!
  5. 電験3種を持っていると就職に有利?
  6. 実務経験について
  7. 電験3種をとりたい