電験は値打ちの高い資格

雇用が不安定な今日の日本。
利用価値の高い資格として、電験の資格は注目されています。

まず、電気主任技術者試験には1種〜3種があり、次のように分けられています。

◎ 第1種 すべての事業用電気設備
◎ 第2種 電圧が17万ボルト未満の事業用電気設備
◎ 第3種 電圧が5万ボルト未満の事業用電気設備(5000kw以上の発電所は除く)

取り扱うことができる電圧の高さで分けられているのです。


第3種は取り扱える電圧がもっとも低いのですが、これでも十分に資格の強みが活かせます。
他の資格なら、3つめだけ持っていてもへのつっぱりにもならない・・・というようなことがありがちですが、電気主任技術者はちがいます。

電験3種は、電力、保安、電気工事、設備管理、会社の電気課などで必須になる資格であり、電気業界ではお値打ちの資格です。
事業主が工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないと義務づけられているので、絶対に雇わねばならないから、雇用は減りません。

もちろん電圧の高い第2種第1種まで取得すれば、たいへん役立つ肩書きとなるでしょう。


まずは電験3種試験突破のために努力を惜しまないでください。
きっと後であのときがんばってよかったなあと思えるでしょう。

 



電験3種突破のコツを知りたい方はこちら。
▼ライバルは使ってる!電験3種は無駄なくスピーディーに!▼
》 》 短期間で電験3種に合格する方法(1冊の問題集で4ヶ月間で合格)
タグ : , ,

電験3種関連記事

  1. 電験3種を3年かけて取る
  2. 電験3種の試験科目と試験のコツ
  3. 独学で電験3種を取る!
  4. 電験3種を持っていると就職に有利?
  5. 電験3種を持っていると定年後に有利
  6. 実務経験について
  7. 電験3種をとりたい